有限会社総空建設

注文住宅で新築する場合は、依頼先の施工会社の考え方を把握した上でプランを検討していきますが、有限会社総空建設では住む人が満足してもらうことを第一に住まいづくりをサポートしている会社です。ここでは、総空建設の特徴や事業内容、サービスの取り組みについて詳しくご紹介していきます。

有限会社総空建設の特徴

総空建設は、平成13年10月26日に設立された建設会社です。総空建設がモットーにしている「標準装備」は、仕様書にあるそれぞれのパーツやデザイン、カラーなどを選びながら家づくりを行いますが、「建て売り」ではありません。建物全体を見た上で外観や内装のバランスを追求し、要望に沿った部材を採用しています。新築を建て

る方は「自分だけのこだわりがある家」を求める方がほとんどかと思いますが、総空建設にはプラスアルファのであるオプションも数多く用意されているため、標準装備で全て完成させても他にはない一味違った建築にも期待できるでしょう。厳選した良い素材を使い、その素材を最大限にいかせる場所に使用することにも注力しています。

主な事業内容について

総空建設の事業内容は以下の通りです。住宅設計・施工・リフォーム(家全体・キッチン・トイレ・浴室・外壁・屋根・エクステリア・玄関・窓・内装・リビング・寝室・マンション)給湯器やエコキュートの設置、介護用のトータルリフォーム、ブロック診断、分譲住宅の紹介などにも対応しています。

サービス内容や今後の取り組み

総空建設の断熱リフォームはアクアフォームを採用しています。季節によって左右される住環境の温度変化は、住み心地や健康面に大きな影響を与えてしまいます。より温度差をなくたすために断熱性能が優れた施工を行い、コスト削減や地球環境にも貢献できることでしょう。

また、長期優良住宅に必要な条件をクリアし耐震性や耐久性能、維持管理しやすい暮らしを完成させることを目標としています。平成12年に開始された「住宅性能表示制度」は新築住宅のみを対象としていた制度ですが平成14年に制定された住宅性能表示制度は既存住宅に適用される基準が認められました。これによって総空建設では、新築住宅だけでなく既存住宅の性能・品質にも目を向けています。今後も性能評価住宅として一生安心して暮らせる住宅づくりに励んでいくことでしょう。

有限会社総空建設では、多種多様なニーズに対応するためにインテリアプランナーや2級建築施工管理技士、増改築相談員の資格を持つスタッフによって安心・安全な施工に取り組んでいます。社員胃一同、環境保全の重要性を認識しながら高品質な建造物やリフォームを構築しています。そのため、地域から身体される強い施工会社として永続的に維持管理をしながら新しい時代に適応していくことでしょう。

未分類

Posted by user133